イギリス映画、サッチャーの影

2012/08/01 — 第260号

皆さんがこの拙文を読んでいる頃には、もうロンドン五輪が開催されているかと思います。盛り上がってますか? ということで今回もまたイギリス映画について。■最近の英国映画は元気です。昨年公開の「ゴーストライター」や「英国王のスピーチ」は当館で上映したときも大変好評で、やはり新文芸坐のお客様にはオトナの映画が人気があるなぁと独りごちたものでした。今年公開の映画では、サスペンスの傑作「裏切りのサーカス」が★★★★。やんちゃだったあのゲイリー・オールドマンが“静”の演技でアカデミー主演男優賞にノミネートだなんて、隔世の感があります。ゲイリー・ファンとしては嬉しくもあり、また寂しくも。■今年の春には「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」なんてのもありました。この映画が曲者です。サッチャリズムなんて歴史といえるほど古くはなく、まだ湯気の立っている史実です。英国首相在任中、経済危機に際して大ナタを振るい財政を立て直したことは、功罪の“功”といえるでしょう。ユーロ危機の今、仏・独が大国として苦悩する姿を“対岸の火事”的に見ていられるのも、英国をユーロ圏に入れなかったサッチャーの手柄かもしれません。フォークランド紛争、英国人にとってはこれも“功”か。しかしひと昔前の英国映画を見る限り、サッチャーには多くの庶民の暮らしに打撃を与えたという“罪”の印象しかありません。■ちょっと古くなりますが、映画「ブラス!」には職と家族を失い自殺してしまうトロンボーン奏者が出てきました。手元のパンフを見ると、自殺の遠因はサッチャー在任中の1984年のストライキによる借金という設定です。他に「リトル・ダンサー」「フル・モンティ」「トレイン・スポッティング」などでの労働者たちの姿を思い出し、スクリーンに映る名女優メリル・ストリープが憎たらしく思えてきます。野田首相の大ナタも日本を救うことにはなるのでしょう、恐らく。しかしトロンボーン奏者の悲劇だけは見たくはないです。

— 関口芳雄


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ