圓朝まつり〜新文芸坐落語会3周年!!

2012/09/01 — 第262号

■先日、谷中で行われた落語協会主催の「圓朝まつり」に行って来ました。お目当ては何と言っても柳亭市馬さんの歌謡ショーですが、その他にも芸人さんたちによる様々な屋台が出ていたりとお楽しみがいっぱい。会場内は落語ファンで大変な賑わいでした。そしてそのあとは続けて、池袋演芸場8月上席・昼の部(主任・柳家小三治)を4時間立見で聴くという落語漬けな夏の休日を過ごしてみました。■さて、そして新文芸坐落語会もこの9月で三周年を迎えます。そこでこれからの番組を一挙にご紹介!! まず9月13(木)は「上方のマシンガン落語 桂雀々VS東の爆笑派若手 文左衛門・百栄・風車」と題しまして、上方落語の雄、桂雀々を東京で注目の若手、橘家文左衛門・春風亭百栄・鈴々舎風車が迎え撃ちます。10月16(火)は「柳家一門の爆笑派」と題しまして、五代目柳家小さん門下、落語界最大の一門である柳家の中でも特に柳家権太楼、柳家喜多八、柳家甚語楼、柳家さん弥と柳家きっての爆笑王が勢揃い!! そして11月13(火)は「アンコール!!番外編 演芸アラカルト 必見!お笑いパフォーマンス」と題しまして、ひとりコントのモロ師岡、語りの山田雅人、コント&シンガーソングライターのオオタスセリ、時事漫談のパントマイマー・松元ヒロ、歌うスタンダップ・コミック・寒空はだかといずれも芸暦30年のベテランばかり。テレビなどではお目にかかれない生の舞台の魅力を体感していただけます!■ざっとご紹介した通り、新文芸坐落語会はこれからも毎月一回、飛びきりな笑いを提供していきます。千客万来!! 皆様のお越しをお待ちしています〜。

— 佐野久仁子


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ