スタッフコラム

映画フィルム—日々雑感2

2003/03/16 — 第64号

現在映画の音声方式はアナログとデジタルに大別されますが、アナログにはモノラルとサラウンド(立体音響)、デジタルはすべてサラウンドですが、フォーマット別に三種類あります。■家庭用のオーディオが2チャンネルステレオになっても映画の音はドルビー社のサラウンドシステムが普及するまでは特殊な例を除いてモノラルの時代が長く続いていました。その特殊な例とはかつてのシネラマや70mmなどのいわゆるハリウッッドの大型映画で、大画面の撮影上映方式が各社それぞれ違っていたのと同様に音声方式も7〜4チャンネルと各種あったようです。これらの音は主にフィルムに磁気を塗って記録(カセットテープと同じ方式)されたのが多く、耐久性や生産コストに問題があり余り普及しませんでした。旧来の光学式(フィルムの端にギザギザになっている帯状の物で光で読み取ります。トリュフォーの「アメリカの夜」のオープニングではそれが音楽に合わせて動く様が画面で見えます)と互換性のあるドルビーサラウンド普及後は、アメリカ映画を中心にサラウンドが一般的になりましたが、このアナログ方式ではチャンネル数や音の分離などの問題があり、往年の大型映画のニュープリント版などでも音はモノラルということがありました。■しかしデジタルサラウンドで復活した最近の「ベン・ハー」や「2001年宇宙の旅」のプリントなどは当時の音に近いチャンネル数を再現し、かつ音質はデジタルなので当時以上の状態で再生できるようになっています。そうして手間ひまかけて再生された映画はまだ多くはないようですが、このような映画を名画座では珍しくドルビーデジタルEXまでを備えた当館で沢山上映できる日が来るのもそう遠くはないと思っております。

— 梅原浩二 検索