スタッフコラム

映画フィルム—日々雑感、「超大作」

2003/06/16 — 第70号

かつて超大作と言えば、巨大なオープンセットと大群衆が付き物でしたが、最近はデジタル技術の発達で必ずしもどちらも実物が必要ではなくなっているようです。「マトリックス」は2作目と3作目合わせて3億ドル以上の制作費が掛けられているそうですが、前述の古典的な意味での超大作という雰囲気はありません。実際には2km以上にわたる高速道路を建設して撮影しているそうですが、のっぺらぼうな高速道路のセットでは今ひとつ夢がありません。が、しかし、かつて映像化できなかった、夢のようなアクションシーンをひたすら追い求める映画にあっては却って背景はシンプルにした方が良いのでしょう。■最後の(と思われる)古典的な超大作は「ギャング・オブ・ニューヨーク」でしたが、CG全盛の現在に暴挙と思われるチネチッタの夢のような巨大セットは実に感動モノでした。ただ最近見た「プレイタイム」のモダンなセットの街“タチヴィル”の方が、スコセッシのような映画史やらチネチッタやらに対する自覚や郷愁がない分、暴走の度合いがより激しかったです。で、最近の超大作らしい超大作と言えば当館で7/19(土)より上映する「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズです。最新のCG(例、キャラクターを一体一体動かさなくてもプログラムで自分で勝手に戦ってくれる群集シーンなど)が多く使われている映画ですが、実は監督の意向で意外にもミニチュアやオープンセットがかなり使われている映画なのです。CGと渾然一体となって分かりにくいシーンもあるのですが、やはり実写(ミニチュアも含む)の存在感というのは捨てがたく、今後ともCG一本槍ではなく、このような手法で映画が撮られることを切に願ってやみません。

— 梅原浩二 検索