スタッフコラム

二度目の旅は日本語で

2003/07/16 — 第72号

唐突ですが、私の頭の中では名優・ジェームス・スチュアートは声優・小川真司さんの声をしています。中学生の頃テレビで放映された『裏窓』や『めまい』の印象が強かったせいでしょう。もちろんクリント・イーストウッドは故・山田康雄さんでショーン・コネリーは若山弦蔵さん、マイケル・ホイは広川太一郎さんという不動のキャスティングは言うまでもありません。◆今までは“吹替え=テレビor子供”というイメージでしたが、最近はDVDの普及(大半の洋画作品には日本語吹替え版が収録されています)や、大作映画の吹替え版同時公開などにより、吹替えは映画を楽しむ上でのひとつの選択肢となってきました。その主なメリットは……(1)「字数制限がない」。どんなに早口でもOK。会話の微妙なニュアンスまで伝わります。(2)「画面に集中できる」。美しい衣装や風景、巧妙な特撮などを堪能すれば作品の印象も深まります。(3)はズバリ「疲れない」。2時間字を読み続けるという行為は意外に重労働だったのです。私の選択理由はもっぱらコレ。◆そのメリットを最大限に生かせるのがご存知『ロード・オブ・ザ・リング』。IとII合わせて6時間のこの超大作は、ニュージーランドの雄大な自然と2年連続アカデミー視覚効果賞受賞のCGを融合させて、重厚なドラマと人間関係を紡いでいきます。熱烈なファンによれば、吹替えの口調によって主人公フロドと使用人サムの関係性や、指輪に魅せられたゴラムのキャラクターが明確になるとの意見もあります。当館では吹替えと字幕を1日1回ずつ上映するので、前日の気分と体調(?)に合わせてチョイスしてください。◆追記 山田康雄さん亡き後、先日テレビ放映されたイーストウッドの近作『トゥルー・クライム』では野沢那智さんが吹替えを担当。プロの技を“聴かせて”くれました。

— 花俟良王 検索