マイ・ジェネレーション

2003/09/16 — 第76号

『ブギーナイツ』『マグノリア』で名を馳せた俊英ポール・トーマス・アンダーソンの最新作『パンチドランク・ラブ』を観て嬉しくなりました。キューブリックからジャック・タチ、果てはサム・ライミまでをも彷彿とさせ、ラブコメディなのに全編に緊張感がみなぎるという“期待どおりの”不思議な味わいの作品となっていたからです。◆僕はアンダーソン監督を“我が世代の旗手”として勝手に称えています。100年の映画史をランダムに咀嚼し、独特のセンスで再構築して完成する作品は紛れもなく現代的。幾多の名作をリアルタイムで観てきたオールドファンに羨望の眼差しを向ける僕のような“レンタルビデオ世代”にとっては、追体験を武器に作家性の強い作品を送り続ける同世代の彼は頼もしい限りです。ちなみにクエンティン・タランティーノにも同じことが言えますが『キル・ビル』は期待に応えてくれるでしょうか。◆さて、旧作洋画の上映が困難な中、大変お待たせしました「フランス映画社 BOWシリーズ特選」です。ズラリ並んだ秀作群は、いずれもその時代・世代に強烈な印象を与えた作品。比較的新しい作品が多いので、ご覧になった方も多いと思います。当館従業員の間でも、“ザンパラ”“パリテキ”などの言葉を久しぶりに口にする20年前の映画青年や、当時デートで観た『ピアノ・レッスン』のテーマ曲に過剰反応する者、まだ観ぬ『ウイークエンド』にファッション的嗅覚を反応させる者など、世代によって反応は様々。その様々な世代が一緒にスクリーンで感動を再確認・追体験するということは名画座の醍醐味のひとつであり、とても有意義で素敵なことだと思います。

— 花俟良王


スタッフコラム

2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス

年別アーカイブ