スタッフコラム

世界の日本映画たち

2004/06/16 — 第94号

14才で男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥をはじめとして今年のカンヌ映画祭は、アジア映画がたくさん注目を集めました。グランプリを受賞した韓国映画の「オールド・ボーイ」は日本の同名漫画が原作だとか、タランティーノが審査委員長なので「イノセンス」の受賞が有力だとか、上映終了後の拍手が何分間だとか、キムタクがどうとか・・・仕方がないのかもしれませんが、マスコミの取り上げ方を見ると一瞬日本映画を中心に映画祭が動いているような錯覚を覚えます。●「注目を受けた」といってもそもそも日本映画のマーケットは世界的に見るとまだそんなに大きくはなく、当時日米英同時公開と謳っていた『攻殻機動隊』も押井守監督が渡米して見た劇場は、大きなロードショー館ではなく「アートシアターみたいなところで、そう言えば聞こえがいいが実際は文芸坐だ」みたいなことを言ってました。これは旧文芸坐の建物のことを言っているのだと思われますが、元映画青年の監督はそれはそれで嬉しいとも言ってました。●もっとも市場の大きさと映画の質は必ずしも一致するわけでもなく、却ってそれが日本映画を“自由”にしているとの説もあります。日本では映画監督という職業は大儲けもできない代わりに大当たりも期待されてない分だけ、リスクが少なく自由だということです。確かに興行的にはどうかな?という映画にも監督に惚れ込んだ製作者がいて、コンスタントに撮れる状況を作っています。「大当たりを狙わない」ことの善し悪しはいろいろ意見があると思いますが、「作家」的な意味合いで日本映画が世界から注目される一因であることは間違いないようです。

— 梅原浩二 検索