スタッフコラム:2002年

魅惑のシネマクラシックス inspired by 山田宏一著「新編美女と犯罪」

2002/02/16 — 第38号

わが心の美女、宮城千賀子が忘れがたい男装の犯罪的ヒロインを演じた時代劇の未完の傑作『神変美女峠』(1951)に語呂を合わせたつもりの拙著「新編美女と犯罪」なのだが、じつは『神変美女峠』は前編にすぎず、別の女優で後編『又四郎笠』が同じ年につくられていたことを識者から教えていただいた。恥ずかしながら、惚れた女優にのみうつつをぬかして、後編があるとはゆめにも思わなかったのである! 歌の文句ではないけれど、思い違いも恋のうち、か。

「映画とは女と銃だ」とD・W・グリフィスは言った。以来、ときにセックスと血、エロスと戦争、美と暴力、等々と言い換えられつつも、映画史はこのグリフィスの定義とともに歩んできた。私もまた、それを「美女と犯罪」と言い換えてみただけだ─映画芸術の父グリフィスに、そして映画史のすべてに、愛をこめ、心をこめ、敬意を表して。

「女の出ない映画ほど寂しいものはない」とフランソワ・トリュフォーは言った。

「美が、肉体が、涙にうるんだ瞳が、愛する女の柔らかい肌の感触が、映画のすべてなのだ」とジャン・ルノワールは言った。

映画館の闇に入りこみ、スクリーンにうごめく光と影に包まれて、モノクロの、あるいはカラーの、めまいのような映像に魅せられ、上昇と下降と追いつ追われつの夢の無限感に陶酔する幸福は映画ファンならではの特権だろう。だからこそ、乱暴な引用だが、艶なる宴の詩人のメッセージをまねて─来たれ、大いなる魂よ! われはきみをよぶ、きみをまねく。

— 山田宏一(映画評論家)


万国のビックリモンスターが真夜中に大集合の巻

2002/02/01 — 第37号

2/2怪獣映画の代表選手豪華4本立てで幕開けする今月の新文芸坐オールナイト、「万国ビックリモンスター大集合」。2/9はガイナックス(エヴァンゲリオン等)の設立の基盤となったアマチュア集団のDAICON FILM製作の『八岐之大蛇の逆襲』。特撮は平成ガメラシリーズの樋口真嗣。『キングコング』の製作者ラウレンティスにケチがつき長らくお蔵入りだった女版キングコング『クイーン・コング』。こちらはスクリーンからはめったに聞けない広川太一郎のマシンガントークが炸裂する、「超訳日本語バージョン」による上映です。韓=米合作による巨費を投じた韓国版ゴジラ『怪獣大決戦ヤンガリー』は韓国での一般公開後、約3億円も掛けて特撮シーンを作り直したというインターナショナル・バージョンです。2/16は本田博太郎の熱演が光る東映超大作『北京原人 Who are you?』。CGマンモスがグニャグニャと草原を駆け抜けます。そして『飛びだす冒険映画 赤影』はTVのダイジェストに3D用に新たに撮影した部分(数分間)を加えた中編です。全体の上映時間の一割にも満たない赤(左)と緑(右)のめがねをかけて見る3Dの効果は少々?(当時の専用めがねを掛けて見ました。当日当館ではめがねをご用意いたしません。)ですが、3D以外のTVダイジェストシーンでも往年の彼らの雄姿を十二分に堪能できます。2/23は怪物と化したコンドームをホモ刑事が追う異色の刑事物『キラー・コンドーム』。クリーチャーデザインは『エイリアン』のH・Rギーガー。巨大化したギリシャ料理ムサカ(ケーキではない)が人類を襲う『アタック・オブ・ザ・ジャイアントケーキ』などなど万国ビックリモンスターが一堂に会します。この機会を是非是非お見逃し無く。

— 梅原浩二


《性と生を見つめる映画集》から

2002/01/16 — 第36号

◆豪華女優を配したオムニバス風の「彼女を見ればわかること」と、映画賞総なめ「オール・アバウト・マイ・マザー」は、どちらも女性ファンに好評を博した作品。けど監督はどちらも男性です。ちなみに「彼女を…」のロドリゴ・ガルシア監督はノーベル賞作家ガルシア=マルケス(映画化作品もあるので映画ファンにおなじみ)の息子だとか。◆ご存知「ロッキー・ホラー・ショー」はカルト的人気を誇る、ロック・ミュージカル。2/5最終回のみパフォーマンス可です(協力:LIP’S)。ただし火気や水鉄砲、お米などの持ち込みはご勘弁を。あっ、網タイツはOKです。◆「司祭」は「トレスポ」前のロバート・カーライルが出演。これは「同級生」との英国映画2本立。やはりこのジャンルに英国は欠かせない。◆数々の映画賞に輝く「ゴッド・アンド・モンスター」(あのクライヴ・バーカー製作総指揮)と、ヴィスコンティの名作「ベニスに死す」の“変奏曲”ともいわれる「ラブ&デス」の2本立。老いと、若い生命力にあふれた美をモチーフにした作品。◆最新作「ハッシュ!」が正式公開を待たずにキネ旬ベストテン第2位に選出された橋口亮輔監督の「渚のシンドバッド」と「二十才の微熱」。「渚の…」ではCDデビュー前の浜崎あゆみが出演、印象に残る演技を見せている。橋口監督の劇場用作品はこれ2本だけなので、未見の人はぜひこの機会にフィルモグラフィを制覇してしまおう!

— 関口芳雄


謹賀新年

2002/01/01 — 第35号

新年あけましておめでとうございます。

映画を通して、お客様の心身のリフレッシュと明日への仕事の糧となることを念願し、上映作品、イベントなどから数多くの感動、刺激、安らぎの番組を提供できるよう努力していきたいと考えています。

今年もスタッフ一同、元気で、明るく、笑顔でお待ちいたしておりますので、友人、知人、ご家族お誘いあわせのうえご来場くださいますようよろしくお願い申し上げます。

2002年1月1日

— スタッフ一同


スタッフコラム

2021/01/15
映画は映画館で観るもの
2021/01/01
明けましておめでとうございます
2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー

年別アーカイブ