スタッフコラム:2004年

私的・韓国映画黄金期

2004/02/16 — 第86号

◆今一番観たい映画は? と聞かれたら迷わずに韓国映画『殺人の追憶』(今春公開予定)と答えます。実際の殺人事件を元に、緻密な脚本と斬新な映像で綴るというこのサスペンスドラマは昨年の韓国内でのNO.1ヒット作であり、東京国際映画祭・アジア部門グランプリ作品でもあります。観たい。◆とあるビデオ店で20代の韓国人留学生と知り合いました。彼は若者がガソリンスタンドを襲撃する『アタック・ザ・ガス・ステーション!』がいかに韓国の伝統・風習を打破し、『猟奇的な彼女』へと続く新感覚の映画への道を切り開いたかを、また、国内のスクリーン・クォーター制(外国映画の公開制限)により生まれる映画人の責任とプライドについてを力説してくれました。彼も私も韓国映画業界の本当は判りませんが、ブームを超えてすっかり日本に定着した現在の韓国映画を考えると妙に納得できました。◆多くの人と同じように私も『シュリ』や『八月のクリスマス』から韓国映画を観始めた一人です。そして『猟奇的〜』『ラスト・プレゼント』で涙を拭い、『ペパーミント・キャンディー』では2〜3日ソル・ギョングの苦悩に憑依された一人でもあります。メロでもベタでも実験的でも保たれるその水準の高さには、追体験でしかない日本映画黄金期への羨望にも似た感覚さえ覚えます。◆ジャンル分け不可能と言われた快作『ほえる犬は噛まない』でデビューしたポン・ジュノ監督の2作目。どれほど期待しても『殺人の追憶』はそれに応えてくれるでしょう。韓国映画の勢いはまだまだ健在です。プロローグは当館の〈スクリーンで観ておきたい珠玉の名編Vol. 4 アジア映画の輝き〉でどうぞ。

— 花俟良王


宮崎駿! 押井守! 大友克洋! 今年はアニメの当たり年!?

2004/02/01 — 第85号

最近のアメリカ映画の上映時間は長くなる傾向にあり、更に長くなると何回かに分割して上映するなど、プロデューサーより監督のほうが強いのではないかと思われることがあります。日本でも製作側の都合で既に何年も待たれていた大友克洋監督の新作「スチームボーイ」がようやく去年の秋に公開、と一度は決まったものの、その後公開時期が二転し最終的に今年の7月に決定されるということがありました。さらに今まで遅らせたことの無かった宮崎駿監督最新作「ハウルの動く城」が今年の夏から11月に延期。妥協せず手間ひま掛けて作っているという事は、いやが上にも期待が高まりますが、期待以上に仕上がってくれるでしょうか? 大友、宮崎両監督の「作家」としての地位の確立と、世界配給を視野に入れた日本製アニメの興行的、社会的、文化的、技術的なピークの一致がこのような贅沢を可能にしているのですが、作り手の社会的な地位の確立と才能のピークは必ずしも一致しないこともあり、制約があった時のほうが、面白かったりすることが映画に限らず多々あるものです。いずれにしても近年日本の映画作家でこれほどまでに経済的な余裕をあたえられ、それらが同じ年に公開されるなどということは、この先そうあることではないでしょう。どの作品も最新のCGと緻密な作画が高度に融合した、かつてない素晴らしい映像を見せてくれるはずです。押井守の久方ぶりの長編アニメ「イノセンス」の公開を皮切りに今年は大作揃い。ぜひ大豊作となってほしいものです。(当館では2/14(土)に『新作「スチームボーイ」が待ち遠しすぎる! 大友克洋ナイト』があります。)

— 梅原浩二


魅惑のシネマクラシックス Vol. 4

2004/01/16 — 第84号

旧文芸坐時代に「法廷映画特集」というのを上映したことがあります。法廷サスペンス映画というのはたくさんあって、何故かほとんどが面白い。当時上映した作品ももちろん水準以上のモノをセレクトしたつもりでした。しかし、諸事情により涙を呑んでラインアップから外した作品も多々あったのです。■その最たるものがビリー・ワイルダーの「情婦」と、シドニー・ルメットの「十二人の怒れる男」の両作品。法廷映画の双璧です。とくに私は「情婦」が未見だったので、是非文芸坐のスクリーンで上映したかったのです。この作品の性質上、最初の出会いは是非ともスクリーンで……と思っていたので、未だにビデオでも観ていません。■そして今回、念願の「情婦」文芸坐上映がかなうこととなりました。「法廷映画特集」の敵を「クラシックス」で討ったワケです。既にこの作品を見ている方々、私の半径30m以内で「情婦」の結末について決して口にしないでください。■それでは、第3回懸賞クイズです。「魅惑のシネマクラシックスVol. 4」で上映する「現金に体を張れ」の画を当館受付前のイラスト集から探して、その右隣の映画の続編の監督の名前を答えてください。staff@shin-bungeiza.com 宛てのメールでも、投書でも、ハガキでも何でもOKです。抽選で5名様に2月中有効の招待券を進呈しますので必ずお名前とご住所を明記してください。締め切りは1/25(日)です。

— 関口芳雄


あけましておめでとうございます

2004/01/01 — 第83号

旧年中は、ご愛顧いただき心より御礼申し上げます

新文芸坐では、昨年一年間で通常興行に於いて384本の映画を、終夜興行では188本の映画を上映いたしました。一昨年もほぼ同じ本数の映画を上映いたしました。今年も同じような番組編成になりそうです。多分、日本一数多くの映画を上映する映画館と思います。『新文芸坐友の会』の会員は、毎回「映画サービスデー」や「レディースデー」と同額の割引料金でご覧になれますので、是非ご入会いただき数多くの映画をご覧になっていただきたいと存じます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2004年1月1日
新文芸坐
支配人 永田稔
関口芳雄 矢田庸一郎 梅原浩二 花俟良王
後藤佑輔 柳原弘 内屋敷久仁子 高橋悦子
西本布美子 金井綾子 三船雅子 浅香ノリ

— スタッフ一同


スタッフコラム

2020/11/13
正直、まだ実感できていません。
2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢

年別アーカイブ