スタッフコラム:2013年

年の暮れ、シネマカーテンコールで“罪”について考える

2013/12/15 — 第293号

12/26(木)の「ビザンチウム」は、アイルランド出身のニール・ジョーダン監督が撮った、久しぶりの吸血鬼(ヴァンパイア)もの。昨今“青春ホラー映画”ともいうべきジャンルが確立しつつあるようですが、この映画はそれらとは一線を画した作品です。人が生きることは大変なことです。日々の生活だって楽じゃないのに、今の日本の社会保障制度では老後も明るいとはいえません。永遠に生命を持つ吸血鬼はもっと大変。吸血鬼だって、“衣・食・住”は大切です。吸血鬼の“食”事情については多くの映画で語られてきましたが、“衣”と“住”には現金収入が必要であるということをきちんと描いているというところがこの映画の優れたところです。吸血鬼とは、〈生きること=罪を犯すこと〉という存在。そのことを母と娘、ふたりのヴァンパイアの葛藤を通して描いています。佳作。■来年1/5(日)の『天使の分け前』は社会派として知られる、英国の巨匠ケン・ローチ監督の最新作。“天使の分け前”とは、ウィスキーを熟成させる過程で蒸発して失われる分のこと。「だったら僕にも少しくらい分け前を……」という落ちこぼれ少年たちの小さな罪の物語です。この監督、過去の映画を観れば分かりますが、社会的弱者の味方でして、弱者が犯す罪に寛大なお方です。私はといえば、誰も不幸にしない罪ならお咎めなしでOKと思うのですが、この映画をご覧になった皆様はどう感じるでしょうか? ■罪とはいえないまでも、人は生きているだけで他人に迷惑をかけるもの。是非この2本の映画をご覧いただいて、罪に対する自分の許容度を確認するというのも、映画のひとつの観方ではないかと提案する次第でございます。皆様、来年も良いお年を。

— 関口芳雄


小沢昭一さんの墓参りに行く

2013/11/29 — 第292号

墨田区鐘ヶ淵にリハビリのために通院している。池波正太郎原作『剣客商売』主人公の住まいや、落語『おせつ徳三郎』の二人が、休憩する料亭がこの鐘ヶ淵になっている。落語ではおせつが、徳三郎と逢瀬を楽しむために、お供の小僧さんを向島長命寺の「山本や」へ〈桜もち〉を買いに行かせる場面がある。長命寺は、昨年末に逝去した小沢昭一が眠っている弘福寺の隣にある。■大学、高校の落語研究会を「落研」と略称にしたのは小沢昭一さんである。診察の帰りに小僧さんと同じように歩いて、弘福寺の小沢昭一さんの墓参りをして〈桜もち〉を食べようと思った。■江戸時代の鐘ヶ淵は、大川(隅田川)の岸辺に葦が繁れる寂れた村であったが、謡曲『隅田川』縁(ゆかり)の地でもあった。現在は防災拠点に指定され、防火壁の役割を兼ねる13階建ての都営住宅が15棟連なっている。併設している都立公園には、野球場、テニスコート、学校と神社、梅若伝説の碑と木母寺(もくぼじ)の史跡もあるが、江戸時代の面影はない。■弘福寺は「隅田川七福神」の〈布施様〉が祀られて、立派な門構えの禅寺であった。向島花街の見番通りに面した寺院は、芸者が弾く三味線、太鼓の音や唄が、通りの向う側から聞えてくる所にある。用意周到に生前から粋な場所を選んだ『小沢昭一の小沢昭一的こころ』に感服する。■一周忌を追善して、小沢昭一出演映画を特集する。スクリーンから小沢昭一さんを偲んで、記憶に残して次世代に語り繋いで欲しいと思う。墓地には似たような墓石が並び、落語『お見立て』のように墓探しをしてしまった。〈桜もち〉は、「山本や」が定休日のため〈言問団子〉に変わった。

— 永田稔


ワールド・ウォーは“G”

2013/11/15 — 第291号

11/26(火)から上映する『ワールド・ウォーZ』と『パシフィック・リム』の2本立て。またこの話題です(スタッフの支持率が異様に高いもので……)。■巨大ロボットに乗り込み必殺技を叫ぶ『パシフィック・リム』に、元ネタ国に住む我々が熱狂するのは当然ですが、そのあまりの評判に私が愛する『ワールド・ウォーZ』が霞んでいる気がしてなりません。■予め言っておきますがタイトルの“Z”は最終戦争を意味するZ、そして“ZOMBIE”のZです。予告編では曖昧にしていますがあのゾンビです。しかし血なまぐささはなく、日本でのレイティングは【R15+】でも【PG12】でもなく、なんと【G】。お茶の間の家族団欒の場で観て良い映画なのです。ゾンビは走る、血は出ない、で始祖ジョージ・A・ロメロを敬愛するゾンビマニアには反感を買いましたが、この作品の方向性は違います。■低予算・ワンシチュエーションが相場のゾンビ映画に莫大な製作費をかけ、原作取得から製作まで自分の会社で行い気合十分のブラッド・ピット主演の娯楽超大作。たった12秒で感染するウィルスの恐怖を、残酷描写の代わりに圧倒的なスリルと規模とスピード感で描き、掌の汗が乾くことはありません。そして普段この手の作品を観ないアート系な同僚が述べた「主人公が世界中を飛び回って凄かった」という小学生のような感想は正しく、まるでインディ・ジョーンズのように危機また危機の中世界を駆けるブラピは、アクションヒーローとして機能します。■実は難民・貧富問題など裏テーマも感じられますが、それはまた別の話。まずは大スクリーンでこのとんでもないスリルを堪能し、今の自分の境遇に感謝しましょう。

— 花俟良王


“人類存続の危機!”がやって来た。

2013/10/24 — 第290号

11/26(火)〜30(土)、『パシフィック・リム』と『ワールド・ウォーZ』の2本立てを上映します! どちらもテーマは“人類存続の危機!”。それゆえ舞台も地球規模のスケール。全編迫力満点です。世界のあちこちへとシーンが移り変わり、大都市や海が、ヘリコプターや巨大ロボットの視点で映し出されるのが、本当に壮大で爽快です。■『パシフィック・リム』は巨大怪獣から地球を守るため人間が巨大ロボットに乗り込み戦うというお話。日本のロボットアニメや特撮怪獣モノに対するギレルモ・デル・トロ監督のオタク的な愛が炸裂しており、時々出てくる変な日本文化の描き方などもひっくるめて面白いです。エンドロールで「本多猪四郎に捧ぐ」という字幕が出るのですが、日本人として心にグッときます。■一方の『ワールド・ウォーZ』はスピード感がものすごい映画です。わずか12秒で感染するウィルスで瞬く間に世界中の人々が感染者“Z”となっていく。人類絶滅の危機を回避するためにブラッド・ピットが世界中を奔走するのですが、この感染者“Z”の動きやストーリー展開が今までにない斬新な演出です。■この2本はいつになく当館スタッフも多くが観ており、何だかんだ言いながらも評判は上々。突っ込みどころは満載なのに、小さいことはとやかく言わせない満足感の残る2本です。地球市民なら観ないわけにはいきません!

— 釘宮あかね


錆びつかない 伝説の俳優・金子正次

2013/10/13 — 第289号

「『竜二漂泊1983』出版Presents 『竜二』公開30周年記念/金子正次没後30年 錆びつかない“30年”、さらに輝きを増して」と題したオールナイト企画が11月9日(土)に開催されます。公開から30年経った今でも決して色褪せることのない名作『竜二』。そして、自ら製作、脚本、主演を務め、映画が公開中の1983年11月6日に33歳の若さでこの世を去った伝説の俳優、金子正次。一人の男が総てをかけた魂の映画を是非、大スクリーンでご覧ください。個人的に『竜二』は大好きな映画で、自分の将来が見えなくなって不安になった時、この映画を見て何度も勇気をもらい、エンディングで流れるショーケン「ララバイ」に何度も泣かされました。他の上映作品は『竜二』の製作過程を中心に金子正次の生涯を描いた『竜二 Forever』。金子正次の遺稿シナリオを映画化した『獅子王たちの夏』。そして、金子正次の親友であり、奇しくも彼が亡くなってから6年後の同日11月6日にこの世を去った松田優作の初監督作品『ア・ホーマンス』も上映します。また上映前には、川島透監督(『竜二』)、高橋伴明監督(『獅子王たちの夏』)、細野辰興監督(『竜二 Forever』)、谷岡雅樹さん(映画評論家、『竜二漂泊1983』著者)をお招きし、トークショーも行います。どんな話が飛び出すのか、今から楽しみです。

— 宮路良平


2013年上半期 新文芸坐ベストテン“文テン”発表!

2013/09/24 — 第288号

新文芸坐友の会会員だけで選ぶ“新文芸坐ベストテン”略して“文テン”。今年は2013年の途中経過として、上半期ベストテンを実施いたしました。

【洋画】
①ジャンゴ 繋がれざる者(130点)
②きっと、うまくいく(112点)
③ゼロ・ダーク・サーティ(100点)
④愛、アムール(77点)
⑤フライト(64点)
⑥クラウド アトラス(62点)
⑦天使の分け前(61点)
⑧セデック・バレ(第一部/第二部)(60点)
⑨テッド(58点)
⑩L.A. ギャング ストーリー(54点)
⑩リンカーン(54点)

【邦画】
①舟を編む(150点)
②横道世之介(133点)
③東京家族(110点)
④さよなら渓谷(89点)
⑤藁の楯 わらのたて(84点)
⑥はじまりのみち(74点)
⑦千年の愉楽(52点)
⑧ぼっちゃん(48点)
⑨フラッシュバックメモリーズ 3D(46点)
⑨探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(46点)

11位以下の洋画は、⑫世界にひとつのプレイブック ⑬偽りなき者 ⑭ザ・マスター⑮嘆きのピエタ ⑯ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  ⑰アウトロー ⑱グランド・マスター ⑲ヒッチコック ⑳シュガーマン 奇跡に愛された男 邦画は、⑪みなさん、さようなら ⑪リアル〜完全なる首長竜の日〜 ⑬奇跡のリンゴ ⑭フィギュアなあなた ⑮くちづけ ⑮真夏の方程式 ⑰オース!バタヤン ⑰言の葉の庭 ⑰中学生円山 ⑰脳男 という結果になりました。有効票数は63票。ありがとうございました。年明けには年間ベストテンもありますので、お待ち下さい。

※洋画の「レ・ミゼラブル」に46票が入りましたが、昨年の公開作品でしたのでランキングからは除外させていただきました。

— スタッフ


10/5より傑作『クラウド アトラス』を上映

2013/09/12 — 第287号

新文芸坐2013年上半期ベストテンに私も一映画ファンとして投票しました。私の洋画部門の一位は、文句なくこの映画『クラウド アトラス』、邦画部門は『横道世之介』でした。相通じるのは涙。奔流のごとくあふれ出た涙と、さりげなく静かにつたう涙……(笑)。●19世紀世界から、クローン人間が生きる未来社会、さらには文明が崩壊した後、人々は原初的は素朴な生活を送る時代まで、恐らく数百年に渡る時間軸の中、時代も舞台も、てんでばらばらな6つの物語が、平行して描かれます。壮大かつミステリアス。それぞれの物語が、見えない糸で結ばれているような緻密な構成と演出。悠久の時間の流れの中、人々が時代と物語を越えて織り成す、不思議な運命と愛の絆が、時にほのかに、時に残酷に、紡ぎだされます。●トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、スーザン・サランドン、ヒュー・グラントといった豪華キャストの面々は、まさに見応え十分。しかも本作では、彼らは、なんと6つの物語のほとんどに、様々に衣装やメイクを変えながら登場してくるという、斬新かつ心憎い趣向。心躍らずにいられません。●中でも最も心を打つ存在は、能面の如く無表情で、言葉にならないような悲しみを、そこはかとなく発するクローン少女役のペ・ドゥナ!! 彼女がラスト近く、啓示的な存在となって再登場してくるところなど、激しく感動して、ほとんど滂沱の涙でした(合掌)。●運命の波に歯向かっているつもりが、実は運命に操られていて、そんな中、一見ちっぽけな人間が、自身はそれとは気付かぬまま、壮大な使命を授かっているというような、「火の鳥」とか「12モンキーズ」とか「風の谷のナウシカ」とか、そんな物語が大好き。

— 矢田庸一郎


1973〜2013年の40年間を回顧する

2013/08/29 — 第286号

1973(S48)年9月に文芸坐に入社した。今年で40年になる。当時の文芸坐は、文芸地下劇場と二館だけの営業で、お客様の賑わいよりも、映画青年たちの出入りが多かった。映画青年は、16mmや8mmフィルムで映画を撮っていた。映画製作、撮影、評論など、シーン毎について熱く語り合い、議論が白熱して人生論、芸術、スポーツ、社会全般にまで話題が飛躍していった。■何年か経って、第一線で活躍する映画監督や、各分野で才能を発揮するクリエイターたちの中に、文芸坐に通っていた映画青年たちがいたことを知った。ちょっとした梁山泊の様相を呈していたと言えようか。■文芸坐の受付では、映画青年たちが作成した名画座のスケジュール表を売っていた。間もなく、小冊子「ぴあ」が書店に並び、若者たちのバイブル的存在になった。その「ぴあ」は、ITの発達で一昨年休刊になった。この40年間は、歴史的な情報革命の時代であり「ぴあ」の盛衰史でもあった。■文芸坐では、『文芸坐しねぶてぃっく』、小劇場『文芸坐ル・ピリエ』、『文芸坐の喫茶店』などが造られた。1997(H9)年3月に文芸坐が老朽化のために閉鎖することになったが、マルハンによって、2000(H12)年12月に新文芸坐として再開した。文芸坐の幕引き、新文芸坐の杮落としに立ち会った。■1975(S50)年に特集した『フィルムフェスティバル』では、文芸坐に集う映画青年たちの協力を得て、3分間の予告編を作った。二本立て一週間上映の常識から、日替わり、二日替わりの特集番組編成の原点は、この時期にあった。ハード、ソフト両面で“スクラップ&ビルド”の40年間であった。

— 永田稔


恐るべきシンクロニシティ

2013/08/12 — 第285号

「コーヒーと恋愛」という素敵なタイトルに惹かれ、最近復刊された獅子文六の小説を読んでみました。タイトル通り、コーヒーが縁で繋がれた男女の恋愛話で、『てんやわんや』『自由学校』などと同じく新聞小説として連載されていたものです(連載時のタイトルは「可否道」)。『可否道より なんじゃもんじゃ』というタイトルで映画化もされていて、主役の売れっ子テレビ女優に森光子、その同居人の演劇青年に川津祐介、恋敵となる新人女優に加賀まりこ、さらに茶道ならぬ“可否道”設立を目指す可否会会長に加東大介、とキャストも原作のイメージにピッタリ。これは何としても観てみたいと思い調べてみると、驚いたことに丁度このコラムが掲載される頃に、某名画座の森光子特集で上映されているのです。恐るべきシンクロニシティ(=偶然の一致)。■いささか極端な例ですが、このような偶然があるとその事自体に意味を感じてしまいます。皆さんもそんな経験ありませんか? しかし、旧作の上映を行なう名画座としては、お客様のニーズを拾い上げ、偶然ではなく必然として、大多数の方にとっての“丁度観たかった映画”を上映できるようでなくてはなりません。「丁度観たいと思ってたんだ。ありがとう。」と言われるのは、名画座にとって最高の褒め言葉なのです。■ちなみに『可否道〜』は過去には文豪映画特集で獅子文六映画として上映されていた事もあったようで、同じ映画でも様々な角度から上映ができる訳ですが、今度は『珈琲時光』『コーヒー&シガレッツ』などと共に〈コーヒー映画特集〉なんていうのはいかがでしょうか?

— 後藤佑輔


『ロード・オブ・ザ・リング』の次は、『ホビット』をよろしく

2013/07/28 — 第284号

当館で毎年恒例となった『ロード・オブ・ザ・リング』三部作一挙上映ですが、今年は去る7/14(日)に上映いたしました。今回も大盛況になり、ご来場されたお客様には御礼申し上げます。特に毎年ご来場されている方々、本当にありがとうございます。■皆さまご存知のとおり『ロード・オブ・ザ・リング』は有名なファンタジー小説「指輪物語」の何度目かの映像化作品であり、そのテーマはなかなか深いものがあります。タイトルの“指輪”。これは全てを超越した“力”の象徴であり、人類がこの力を持つことへの怖れや疑問が物語を動かしていきます。原作者のJ.R.R.トールキン自身は否定していますが、指輪が核兵器の暗喩であろうことは多くの人が指摘しています。日本内外の情勢を鑑みるに、2013年の今観ても、この作品が描くテーマは全く古さを感じさせません。人類が進歩していないということでしょうか。■さて、当館では8/11〜14、『ロード…』の前日譚にあたる『ホビット』の第1部、『ホビット 思いがけない冒険』を上映します。『ホビット』は『ロード…』と比べるとテーマは単純です。勇気、成長、友情、責任、信頼……。原作の「ホビットの冒険」が児童文学であることを考えれば納得です。分かりやすい分、大団円のカタルシスは、きっと『ロード…』以上なのではないかと今から期待しています。■『ホビット』シリーズも3部作の超大作です。その全貌を知るには、今年と来年の冬を待たねばなりません。『ホビット』が3本揃ったら、また一挙上映をやりたいですね。皆さんの世論の後押しがあればきっと実現しますよ!

— 関口芳雄


スタッフコラム

2020/08/01
寅さん再入門
2020/07/07
底抜けおじさん
2020/06/08
テレキネシスに呼び起こされた私のプロムパーティー
2020/03/31
忘れ得ぬ美しき戦慄と婆ばの顔
2020/02/27
『キャッツ』と猫と夢
2020/01/31
エビス・ラビリンス

年別アーカイブ